住宅ローン 金利

住宅ローンの金利や比較、フラット35、審査、低金利、借り換えやシュミレーションなど、住宅ローンに関する情報を分かりやすく解説。
住宅ローン金利比較WEBガイドについて

 マイホームを手に入れるほとんどの方が住宅ローンのお世話になるのではないかと思います。住宅ローンはを組もうと思った時、数ある中からどこの住宅ローンにしようか迷います。目先の低金利にだけ惑わされないように気をつけないといけません。

 『住宅ローン金利比較WEBガイド』では、住宅ローンの金利比較から審査基準、住宅ローンの金利タイプ、住宅ローンの借り換え、シュミレーションなど、住宅ローンを借りる・借りている際のお役立ち情報を紹介しています。

住宅ローン金利比較WEBガイド 新着情報

もしも、住宅ローンを借り入れする場合にはそれぞれの金融機関では借り入れをする方の審査をおこないます。これは消費者がローンの返済能力がどの程度あるのかを見極めるために必要な作業です。そして、どのような金融機関でも行います。それでは、その審査の基準とはどのようなものなのかについてご説明します。まずは、申し込み時の年齢と完済時の年齢です。

多くの場合には20歳~80歳までの間でなければ、住宅ローンは組めないようになっています。次に返済能力を決定する部分である年収や勤務先、業種、勤続年数、雇用形態等を審査します。具体的にいうと職種が安定しているか、もしくは不安定か、収入は給与だけなのか、歩合給制なのか、親族の企業に勤めているのかというような項目について審査を行うようです。一般的な条件として、勤続年数は3年以上が挙げられるようです。

それ以外には、健康状態や社会保険の加入状況、資産の状況についても審査が行われることになります。これらも直接的ではないですが返済能力の一環としてみなされています。一番厳しく審査されるのは、他の金融機関での借入状況になります。キャッシングや自動車ローンなどがあるのか、行っている場合はどのような返済状況になっているのか、というように、細かく審査されることになります。

住宅ローンはを組もうとおもったとき、どこの住宅ローンにしようか迷いますよね。目先の低金利にだけ惑わされないように気をつけたいですよね。先の将来をみすえた安心できて満足のいく住宅ローンを選びたいと誰しも思うはずです。

人気のある住宅ローンをいくつか紹介したいと思います。まず、SBI住宅ローンのフラット35は、金利の低さや借り入れ時の諸費用、将来への安心感、借り入れをした後のお得感など総合的にトップにきます。全国の金融機関で返済することが可能です。

そのほかにもお勧めの住宅ローンがあります。ネットで簡単に申し込みができる楽天モーゲージです。こちらも金利の低さや借り入れ時の諸費用、将来への安心感、借り入れをした後のお得感などは総合的にみても良いようです。あの、楽天が住宅ローンを誕生させたことでも驚きますよね。

ほかにはGE Moneyの住宅ローンなどもあります。フラット35でダブルプランが特徴です。金利を抑えながらも事務手数料などが節約できます。フラット35の取扱開始記念キャンペーンを実施しているためチェックしてみるとよいかもしれませんよ。

基準金利よりも低く設定された金利優遇制度を実施している住信SBIネット銀行も注目したいところです。特約期間が終了したあとでも完済まで年にマイナス0.7%が基準のよりも優遇されます。インターネット専業の銀行でもある住信SBIネット銀行が提供している住宅ローンです。

JAバンクの住宅ローンについてご紹介したいと思います。

◆JAバンクの住宅ローン(http://www.jabank.org/loan/myhome/)

JAの住宅ローンとは、マイホームの新築や購入、増改築、住宅ローンの借り換えなどに使用することができます。さまざまな住宅プランについて役立てることが可能でマイホームをたてることを考えている場合はJAの住宅ローンについて問い合わせをしてみるのもよいでしょうね。

JAの住宅ローンでは、返済方法や融資期間、融資額などを選択することができますので、ライフプランにあわせて無理のない返済計画をたてることができます。新築物件だけではなくリフォームについてもJAの住宅ローンを利用することは可能です。増改築や改修、補修、外装工事、インテリアはど幅広く活用することができます。

・住宅ローンの概要

使途:住宅の新築や購入、宅地の購入、住宅の増改築、また他の金融機関からのお借り換えなど

利用できる方:借入時の年齢が20歳以上で66歳未満のかた

最終償還時年齢:80歳未満とする

前年度税込年収:200万円以上とする

勤続年数:3年以上とする

融資金額:10万円以上から5,000万円以内とする

融資期間:3年以上から35年以内とする

返済方法:元利均等返済または元金均等返済でどちらもボーナスを併用して返済することは可能です。

担保:融資対象物件に対して、原則として第1順位の抵当権を設定して登記することになります。

保証:各JAが所定とする保証機関の保証を受けることになります。

融資金利:固定変動選択型、変動金利型、固定金利型の中から選択することになります。